平日は会社員として働いている人が、クリスマスのみアルバイトをしているという人が増えてきています。
会社に勤めている人は税金を給与からひかれていますが、会社以外でアルバイトをしている人の税金はどうなるのでしょう。
会社に勤めている人がアルバイトをして収入が入ると雑所得という扱いになります。
雑所得から経費を引いた分の金額が20万円を超えるときは、確定申告が必要となります。

所得税や住民税ももちろん増額することになるので、気をつけましょう。
所得が20万を超えなければ、何もしなくてもよいということです。

確定申告の手間を省きたい人は、所得が20万を超えないようにアルバイトをするようにしましょう。

(ただし源泉徴収されていない場合は確定申告が必要です)20万円という基準に満たないケースでも控除額や経費の金額に応じて税金を多く払っていた場合には還付金として受け取ることも可能です。
所属する会社によってはクリスマスのアルバイトをNGとしている場合もあります。
クリスマスは休息や個人の所用に使うべきという考えや、本業である仕事に問題を起こさないために決められたとされています。

アルバイトの収入につて確定申告を行うことで、会社にアルバイトがばれてしまうので企業が禁止としている場合には注意が必要です。

どのようにしても、企業に所属する人がアルバイトをするときはメリットもデメリットもあるということを十分に把握しておくようにしましょう。

40代の人でも、土日をアルバイトの時間に充てたいと望んでいる方は少なくありませんが、まとまった時間の取れる年末年始アルバイトは一体どういった手段で探していけば効率的なのでしょうか。

アルバイト求人誌やフリーペーパーを使って探していく人も多いですが、インターネットの検索サイトを使用する方法が一番手っ取り早いかもしれません。

インターネットの検索サイトを閲覧すると、条件欄がついています。
所定の方法で年齢や仕事希望日を入力することで、容易に希望のアルバイトを導き出すことができるのです。

たとえば、こんなサイトでも紹介していますが、希望する条件を入力することによって、年末年始の短期アルバイトも探しやすくなります。
40代のアルバイト|まだ間に合う!年末年始の短期アルバイトはここで探す<高収入・短期>

 

一度探してみて理想的な職種が見当たらなかった場合には、登録しておけば条件に合う仕事があれば教えてもらうこともできます。

年末の短期バイトに限らず、派遣アルバイトという条件で派遣登録しておくと、最適な求人情報を教えてくれるところもあるようです。
まずは毎週土・日のアルバイトにするのか、特定の日に限って仕事をするのかを明確にすることが大切です。
土日に募集しているアルバイトは多岐に亘っており、選択肢の幅も広がっています。

家庭教師や学習塾の講師などの仕事でも、条件はあるものの土日に行うことも難しくありません。
イベントに関連した仕事などは1回のみとされていますが、数人のみということはなく募集人数はかなり多いのでアルバイトの仕事に就ける確率は高いでしょう。

レギュラーでアルバイトを入れるのか、年末年始だけ短期でアルバイトをしたいのかで設定する条件も違ってきます。
シフトの希望を汲んでくれたり、曜日や時間を自由に選びやすいという仕事を探してみてもいいかもしれません。

どんな仕事が自分にとって最適なのか、よく考えるようにしてください。