平日は会社員として働いている人が、クリスマスのみアルバイトをしているという人が増えてきています。
会社に勤めている人は税金を給与からひかれていますが、会社以外でアルバイトをしている人の税金はどうなるのでしょう。
会社に勤めている人がアルバイトをして収入が入ると雑所得という扱いになります。
雑所得から経費を引いた分の金額が20万円を超えるときは、確定申告が必要となります。

所得税や住民税ももちろん増額することになるので、気をつけましょう。
所得が20万を超えなければ、何もしなくてもよいということです。

確定申告の手間を省きたい人は、所得が20万を超えないようにアルバイトをするようにしましょう。

(ただし源泉徴収されていない場合は確定申告が必要です)20万円という基準に満たないケースでも控除額や経費の金額に応じて税金を多く払っていた場合には還付金として受け取ることも可能です。
所属する会社によってはクリスマスのアルバイトをNGとしている場合もあります。
クリスマスは休息や個人の所用に使うべきという考えや、本業である仕事に問題を起こさないために決められたとされています。

アルバイトの収入につて確定申告を行うことで、会社にアルバイトがばれてしまうので企業が禁止としている場合には注意が必要です。

どのようにしても、企業に所属する人がアルバイトをするときはメリットもデメリットもあるということを十分に把握しておくようにしましょう。

Comments are closed.